今シーズンのSKIMO初戦『ヤマボクワイルドスキーモ』 by 遠藤健太 | ミレー公式オンラインストア
連休中の営業について / 16,500円以上お買い上げで送料無料 / 新規会員登録で10%OFF   連休中の営業について / 新規会員10%OFF

ブログ詳細

2020年1月30日

今シーズンのSKIMO初戦『ヤマボクワイルドスキーモ』 by 遠藤健太


1/25-26に長野県のヤマボクワイルドスノーパークで開催されたSKIMOの大会に出場してきました。
【ヤマボクワイルドスキーモ】
■結果
・バーティカル:3位
・スプリント:3位
・インディビジュアル:準優勝

1/25(土)
◇バーティカル
ゴール前でミスして2位から3位に転落。シーズン初戦にしては動きはまずまず

◇スプリント
コース取り、滑降の技術に課題。最後のひと踏ん張りが足りず

1/26(日)
◇インディビジュアル
登りはなんとか食らいつく。滑りは前の選手を見ながら降る。同じコースを辿ったら追い付かないので所々直滑降。トランジットで詰めるも、10秒及ばず

去年まではトランジットで一緒になることもなく勝負すらできませんでしたが、力は付いてきているようです。
この調子で次戦(2/1-2)の山形赤倉温泉山岳スキーレースも頑張ります。

雪の少ない中開催してくださった大会関係者の皆様ありがとうございました。

レースで着用したウェア:
サミットプロヘルメット
・ピエラメントスーツ
ドライナミックメッシュノースリーブクルー
ドライナミックメッシュボクサー
ピエラメントグローブ
 ドライナミックメッシュ > 


遠藤健太
1994年生まれ新潟県新潟市在住。
大学2年時に登山を始め、それからトレイルランニング、スカイランニングの大会に出場。大学4年の冬に初めてSKIMOに挑戦し現在に至る。(初めてSKIMOの存在を知ったのは白馬山案内人組合・松澤幸靖さんが表紙のスキーの雑誌でした。)
2018年の主な戦績
栂池ナイトスプリント2位
オニコウベ山岳スキーレース2位
白馬八方大バーティカルレース5位
山岳スキー日本選手権大会4位
スカイランニング日本選手権上田スカイレース10位
櫛形ウィンドトレイル2位
びわ湖バレイスカイレース4位