心行くまで新雪の山を撮影・燕岳撮影ツアー by 菊池哲男 | ミレー公式オンラインストア
連休中の営業について / GET MILLET 冷感タオル プレゼントキャンペーン中 / 新規会員登録で10%OFF   連休中の営業について / 冷感タオルプレゼント! /

ブログ詳細

2020年12月3日

心行くまで新雪の山を撮影・燕岳撮影ツアー by 菊池哲男


11月22日朝の燕岳

11/21-23で北アルプス燕岳撮影ツアーに行ってきました。
 
21日、登山口から合戦小屋経由で合戦ノ頭に上がると、燕岳が良く見えますが、前日に少し雪が降ったものの、ほとんど積雪にならず、山は晩秋の装いでした。
でも天気は快晴で、冬道を登って燕山荘に到着。この日はそのまま小屋の横で綺麗な夕日を撮影し、夜は月明かりに照らされた山々を、夜半前に月が沈んだ後は冬の天の川など満天の星空を撮影しました。
 
11月23日晴れゆく燕岳

ただし、この夜は立っていられないほどの強風が吹き荒れ、体感温度はかなり低い状態でした。
ここで活躍したのが、今年揃えたミレーの防水ダウンパンツと昨年新調したダウンジャケット。
今回は旧タイプのミレーダウンパンツに防水ダウンパンツ重ね履きしてみました。
この組み合わせは完ぺきで、そのまま日の出まで8時間以上を外で過ごしましたが、全く寒さを感じませんでした。

ミレーダウンで完全防備の筆者
 
山が赤く染まる美しい朝焼けを迎え、朝食後に燕岳を往復し、午後は曇ってきたので、小屋でくつろぎましたが、今年は新型コロナ対策で頻繁に換気するので小屋の中がけっこう寒く、小屋の中でもこのダウンパンツが大活躍しました。
予報通り、夜からは雪になり、下山する前に雪化粧した山が見られるのか、微妙な感じでした。
 
最終日の朝、小屋の外は10センチほどの積雪で真っ白な冬の装いになり、視界はほぼゼロ。
そんな中を、残念そうに皆さん下山していきます。帰り支度だけして小屋で待機していると、9時過ぎになってガスが流れ始め、白く雪化粧した山々が姿を現しました。
ダケカンバに付いた霧氷の花が何とも美しく、写欲をそそられる中、最後は槍ヶ岳がガスの中から現れると一同大興奮。
心行くまで新雪の山を撮影し、満腹になって下山しました。

11月23日霧氷と槍ヶ岳
 
燕山荘はこの週までの営業で、一度閉めた後、年末年始に再営業(12/26-1/3)するそうです。

赤沼オーナーと

ブログ紹介商品