北海道【Primulaと見つめ合う】 by KUSACO | ミレー公式オンラインストア
レインカバー無しのリュックに今だけ限定カバープレゼント! / 新規会員登録で10%OFF  限定レインカバーをプレゼント! / 新規会員10%OFF

ブログ詳細

2021年5月9日

北海道【Primulaと見つめ合う】 by KUSACO


ソラチコザクラ自生地

こんにちは。KUSACOです。

今回は、春~初夏にかけて見頃を迎える
サクラソウの仲間(=Primula:プリムラ)
について紹介したいと思います。

プリムラは、ピンク色の花をつける可愛らしい植物です。
低山の林内や岩場、高山帯の雪田跡など、種によって生育環境は様々です。
住宅地では、「芝桜」がよく見かけるプリムラでしょうか。

北海道でみられるプリムラを、いくつか撮影してきました。


エゾオオサクラソウ(Primula jesoana var.pubescens)


ヒダカイワザクラ(Prumula hidakana var. hidakana)


サマニユキワリ(Primula modesta var. samanimontana)


ソラチコザクラ(Primula sorachiana)

その他にも、テシオコザクラやユウバリコザクラなど、
蝦夷の地名がついた固有のプリムラがいくつか存在します。
北海道は広いですから、全プリムラを撮影するのも一苦労なのです…。

プリムラには、おもしろい特徴があります。
花の中心部にご注目。


①=長花柱花


②=短花柱花

違いが分かりましたでしょうか。

丸い柱頭が見えるタイプ(①=長花柱花)と、
5つの葯の先端が見えるタイプ(②=短花柱花)が確認できます。

このしくみを、「異型花柱性」といいます。
タイプの異なる花の間で受粉した時のみ、
花粉が正常に発芽して受精が起こるそう。
自殖を避ける、賢い繁殖システムですね。

私はこれを知ってから、プリムラを見つけると、どちらのタイプか
確認しないと気が済まない体質になってしまいました…。

知れば知るほど、のめり込んでゆく植物の世界。

ぜひ皆さんも、フィールドや日々の生活の中でプリムラを見つけたら、
目と目を合わせてみてくださいね。


プリムラと見つめ合う

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログ紹介商品