MY TRILOGY




マナスルの雪の壁を登る南谷さん。


どんな困難にも負けず、まだ見ぬ風景やはるかな高みを目指して、ただひたすらに歩を進める。ヴァーティカルな岩壁からスティープな雪山、そしてワンデイでアクセスできるハイキング・フィールドまで、ミレーの“トリロジー”シリーズがサポートする彼女たちのフィールドは、“ネイチャー”をキーワードにどこまでも広がっている。大自然がもたらす四季の営みとアウトドア・フィールドを巡る、アクティブな女性たちのストーリー。


マナスルの雪の壁を登る南谷さん。


後悔しない生き方を貫くために
7サミットの先に見据えたもの


冒険家
 
南谷真鈴

現役大学生が日本人最年少記録を更新して、7大陸最高峰に登頂——。今年の夏、巷を賑わした南谷真鈴さんの挑戦。まだ19歳というその年齢に、驚きを覚えた人も多いことだろう。
 神奈川県で生まれた南谷さんは、父親の転勤で幼少時にマレーシアに渡り、その後の12年間を香港や上海で過ごした。初めて山に登ったのは13歳の時。当時通っていた香港の学校の、課外授業の一環だった。

「幼稚園から高校まで一貫教育を行っていて、それこそ小学生にもパソコンを貸与するような自由な校風の学校でした。ランチも、別の棟にいる友人とオンラインでおしゃべりしながらとるのが当たり前という環境。普段、自然に触れる機会も少なかったから、みんなで協力し合って汗をかいて、頂上というゴールを目指して山に登るという経験が新鮮だったんですね」

エベレスト山頂から南谷山が撮影した、エベレスト自身の影。

小さな山だったが、その頂上に立った時、香港の摩天楼がちっぽけに見えて驚いた。登っている間は苦しかったけれど、自分の内面と向き合うような心理状態も初めて経験した。こんな小さな山でもこれだけのことを得られるのだから、果たしてエベレストならどう感じるのだろう……?初登山の時からエベレストに思いを馳せていたというから恐ろしい。
「エベレストに登るという目標を本格的に思い描くようになったのは、その2ヶ月後。山に興味を持った私は友人と一緒にネパールへ渡り、アンナプルナ・サーキットを回ったんです。その時初めて、本物のエベレストの雄姿を目にすることができました。あの山にいつか登りたい。絶対にあそこに立つ。それが始まりでした」

エベレストという目標ができ、精力的にトレーニングに取り組んだという南谷さん。実地トレーニングを兼ねて海外の山にも登りに行った。タイミングもあったのか、昨年1月のアコンカグア登頂をきっかけに、キリマンジャロ、コジオスコ、ヴィンソンマシフと、各大陸の最高峰にとんとん拍子に登頂できた。気がついたら、7サミットが視野に入っていたという。

南極、ヴィンソンマシフに登頂。

ここまでの道のりは順風満帆に見えるが、そうした成功の礎になっているのが日本の山での挫折経験である。日本に帰国して間もない中で、冬の八ヶ岳・阿弥陀岳に挑戦した時のこと。日本の登山事情もよくわからない中で、一緒に登るのは初めてというメンバーとパーティを組んだ。互いのスキルや体力、経験値もわからない中での山行に不安を覚えた南谷さんだが、その不安は的中する。
「登頂したのが午後4時過ぎ。急いで下山する中で、雪面が足元で崩れて250メートルほど滑落しました。頭から真っ逆さまに落ちたんです。奇跡的に無傷でしたが、生きているのが不思議といわれました」
 登り返そうにも、柔らかい雪が乗った急斜面にアイゼンも効かない。あっという間に暗くなってしまい、その夜は雪洞を掘ってビパークしてしのいだ。そこで一晩中感じていたのは、深い深い自己嫌悪だった。 「一体何でこんなことになったんだろう、知識もスキルもないからだ、もっともっと安全登山を学ばなくてはダメだって、この経験のおかげで闘志に火がつきました。これ以降も障害やハードルはいくつもあったけれど、この時に感じた思いがいつも自分の背中を押してくれたんです」

こうした経験を経て、今年5月23日、日本人最年少でエベレスト登頂。世界一の頂からの風景を目にして万感が胸に迫った。
「達成感、感動。涙が止まらなかったけれど、でもここはゴールではないんですね。自分のチャレンジはこの後もまだまだ続くのですから」

14人のパーティで挑んだエレベレスト。無事に登頂を果たしたのは7人、女性は南谷さん一人だった。

そうした数々の挑戦を共にしてきたのが、ミレーのギアである。
「ミレーは山岳に特化していること、このフィールドにおいて歴史があることから、信頼感を覚えるブランドです。フィールドの特殊性もあって、機能性を重視したもの選びを行っていますが、ミレーの場合は『使い手の立場に立った』視点がとりわけ優れていると思うんです。例えばアウターのジップの配色を変えているとか、細かいところだけれどこういうディテールが高所ではすごく役に立つ」
 愛用のアイテムは「トリロジー Vアイコン ゴアテックス プロ ジャケット」と「トリロジー ゴアテックス プロ パンツ」。軽く、計算され尽くしたデザインであらゆる動きを妨げず、シンプルで無駄がない。カラーリングも南谷さんの好みだという。
「“トリロジー”シリーズはベースレイヤーからアウターまでトータルで揃えられるのがいい。レイヤリングシステムが完成されていて、それぞれが互いの機能を引き立てるような作りになっているんです。低山、高所にかかわらず、山に登る女性にぜひ使って欲しいラインナップです」
 ザックはサースフェー、プロライター、マーカム、トリロジー35を用途や行き先によって使い分けている。

青空の中、トリロジー35を背負って富士山・剣の峰に立つ。

ヒマラヤで活躍したプロライター60+20。

「サースフェーは汎用性が高いモデルで、一週間の山行からキャンプまで幅広く活躍します。キリマンジャロのほか、モンブランでのアイスクライミングにもこれを持って行きました。マーカムはハーネスがしっかりしていて、腰で背負えるような構造が快適。ポケットや収納も充実しています。マナスル、ヴィンソンマシフはマーカムで登りました。プロライターはマーカムに比べると、よりミニマルなデザインで軽量。高所ではポケットのないシンプルなデザインが使いやすいですね。トリロジーもプロライターに似たミニマルな作りですが、シーンを選ばず使用できます」

現在は来年行うチャレンジ——北極点——を目指し、学業に、トレーニングに慌ただしい毎日を送っている。北極点の先には「海」という新たな目標も待っている。
「まるでロケットに乗ったかのように一気にここまで来てしまって、時に孤独感も感じるけれど、私は自分ができることを粛々とやり続けるだけ。いくつになっても後悔のない生き方をしたいだけなんです」

冒険家

南谷真鈴


1996年、神奈川県生まれ。早稲田大学在学中。アコンカグアを皮切りに、今年7月、世界7大陸最高峰登頂を日本人最年少で達成。同時に日本人最年少8000m峰登頂、世界最年少女性マナスル登頂なども達成。次のチャレンジは来年4月の北極点。7サミットに南極北極を加えた山岳グランドスラムを見据える。