Store Blog

2016年11月26日  |   ミレーストア東京

【MILLET ”TRILOGY” LIMITED SERISE】2

みなさん、こんにちは!

今年は早くも東京で雪が降り、街中でもダウンをよく見かけるようになってきました。

寒い季節を暖かく過ごす為のウェア・・・

それがダウンジャケット!



今回はトリロジーシリーズのダウンをご紹介します。

ダウンジャケットは中のダウンの偏りを防ぐため、縫製で仕切り部屋を作っています。

しかし、この仕切りを作るために開いた針穴からダウンが抜けやすくなったり、水や風が入りやすくなってしまったりとデメリットがあるのも事実。

今回ご紹介するダウンジャケットは、特殊な織り方で縫製せずに仕切りを作り、このようなデメリットを軽減した作り。

ダウン抜けの減少耐水性耐風性を実現。

さらに糸がないことで、軽量化着心地の良さにも一役買ってくれています。


縫製あり


縫製なし トリロジー シンセシス ダウン


MIV7058 TRILOGY SYNTHESIS DOWN FOODIE
トリロジー シンセシス ダウン フーディー ¥45,000+税
重量:555g
ダウン量:160g

7317:SAPHIR


0335:RED-ROUGE


MIV7031 TRILOGY SYNTHESIS DOWN JKT
トリロジー シンセシス ダウン ジャケット ¥40,000+税
重量:430g
ダウン量:150g

7317:SAPHIR


0335:RED-ROUGE


6560:LIGHT SKY


MIV7065 LD TRILOGY SYNTHESIS DOWN JKT
LD トリロジー シンセシス ダウン ジャケット ¥40,000+税
重量:410g
ダウン量:140g

7317:SAPHIR


6560:LIGHT SKY

表生地はもちろん、中に封入されたダウン自体にも撥水加工が施され、身体から出る湿気や水濡れにも強く、保温力の低下を防ぎます。
スタッフバッグ付きで持ち運びにも便利♪

左:ジャケット・右:フーディー



下:ジャケット・上フーディー

そして、こちらのキャンペーン11/30までです!!


ちなみに、今回ご紹介したダウンジャケットと合わせて購入いただくことで、キャンペーンにご応募いただけるオススメアイテムがこちら。

MIV7060 TRILOGY WOOL TS LS
トリロジー ウール Tシャツ ロングスリーブ ¥12,000+税
重量:170g

7487:SAPHIR/ROUGE


7317:SAPHIR


MIV7067 LD TRILOGY WOOL TS LS
LD トリロジー ウール Tシャツ ロングスリーブ ¥12,000+税
重量:130g


ウールとポリエステルを50%ずつ使用し、耐久性をアップ。
ウールの吸湿性と保温性、ポリエステルの速乾性と両方のいいとこ取りをした、冬には欠かせないアイテム。
お風呂に入れず、洗濯も出来ない山では、ウールの特性である消臭効果というメリットも。

キャンペーンも残りわずか!!
是非、週末はミレーストア東京へ!!!


TRILOGY WATCHの実物も展示中ですよ♪
2016年11月23日  |   ミレーストア東京

【MILLET ”TRILOGY” LIMITED SERISE】

みなさんこんにちは!

東京もだいぶ寒くなってきて、山から続々と降雪情報が!

さあ!雪山です!!!

という訳で、雪山には欠かせないアイテムをラインナップし、MILLETのフラッグシップモデルでもある、『TRILOGY』シリーズを一部ご紹介いたします!

そして、理由がもうひとつ!

それは・・・

TRILOGY CAMPAIGN!!!!!!!



スイスの老舗時計メーカー『SWIZA』とコラボレーション、100m防水でサファイアガラスを使用した、こちらの時計が当たります!!!!!



しっかりしたケースに入り高級感があります。


【キャンペーン概要】
TRILOGYシリーズの商品を¥50,000(税抜)以上ご購入の方、100名様にTRILOGY WATCHプレゼント。

TRILOGYシリーズの目印はこちらの旧ロゴ!


なお、こちらのキャンペーンは11/30(水)までとなっております。
残り1週間を切りました!!TRILOGYシリーズを購入するなら今月中に!!!


さて、それでは商品を紹介していきたいと思います。

耐久性と透湿性に優れたGORE-TEX Proを使用し、表生地は40D(デニール)のナイロンで、軽量性と快適性を兼ね備えたジャケットをご紹介。
GORE-TEX Proで使用できる、最も細い糸を使うことで、ハードシェル特有のパリパリ感も軽減されています。

TRILOGY GTX PRO JKT / MIV6578 ¥89,000(税抜) 重量575g

6598 LIGHT SKY/ROUGE


0335 RED-ROUGE


7317 SAPHIR

ラッセルやバックカントリーでも雪の侵入を防ぐパウダースカート付きで、あらゆるアクティビティに使用可能。

袖口のベルクロにはMILLETの刺繍、メインジッパーやベンチレーションジッパーのカラーなど機能性だけでなくデザインにもこだわったミレートップモデル。




TRILOGY V ICON GTX PRO JKT / MIV6786 ¥79,000(税抜) 重量440g

7833 SAPHIR/LIGHT SKY


6560 LIGHT SKY


7317 SAPHIR


LD TRILOGY V ICON GTX PRO JKT / MIV6888 ¥73,000(税抜) 重量395g

6560 LIGHT SKY


7317 SAPHIR

よりシンプルに、より軽く、という方はこちらのV ICONがおススメ。

サイドパネル(脇下)が一枚生地の為、さらなる着心地の良さと快適性が得られます。



TRILOGY GTX PRO PANT / MIV7057 ¥75,000(税抜) 重量690g

左:7317 SAPHIR 右:0335 RED-ROUGE


LD TRILOGY GTX PRO PANT / MIV7061 ¥69,000(税抜) 重量605g

左:7317 SAPHIR 右:6560 LIGHT SKY

サイドジッパーはフルオープンで、アイゼンを着用したままの着脱もOK。

右ももにあるポケットに、さり気なく付けられたTRILOGYマークがポイント。
もちろん裾はエッジガードで補強、スナップボタンで裾口の調節もでき、インナーゲイター付きで雪の侵入も防ぎます。


機能性はもちろんの事、とにかくカッコイイです!!!

そして、雪山では最高に映えます!!




ぜひ、実物を見にご来店ください!!!

TRILOGY WATCHの実物も展示中ですよ♪
2016年10月24日  |   ミレーストア東京

【登山レポート】武尊山

みなさん、こんにちは!

ご無沙汰していて申し訳ありません。

かなり久しぶりの登山レポートをお届けします。

ここ最近は、天候がすぐれずなかなか山に行けない日々でした。。。

みなさんもそうだったのではないかと思います。

この前の週末は快晴に恵まれ、久しぶりの山や景色を楽しんだ方も多かったのではないでしょうか。

そんな中、私は約1カ月半ぶりに、武尊山(ほたかやま)に行ってまいりました。

武尊山は北アルプスの穂高と区別するために、”上州武尊山(じょうしゅうほたかやま)”とも呼ばれている、標高2,158mの山です。

いくつかルートはありますが、今回は武尊神社を起点に武尊山→剣ヶ峰を経て武尊神社へ戻る周回ルートを選択しました。

裏見の滝駐車場ではなく、さらに奥の林道終点まで車で入ると往復約1時間短縮できますが、車中泊をされる場合はトイレのある裏見の滝駐車場がおススメです。

では、登り始めたいと思います。

まずは林道を登って行くと、武尊山と剣ヶ峰の分岐が出てきます。
今回は、武尊山から登りますので、分岐を左へ。
ここから登山道が始まります。



しばらくは歩きやすい登山道が続きます。
朝のうちは雲が多く少し薄暗い樹林帯歩き。
葉の色づきはイマイチです。。。



引き続き登って行くと、徐々に傾斜がきつくなり、鎖場が出てきます。
難しくはないですが、慎重に通過していきます。



ここまで上がると霜も比較的発達し、山では秋も終盤にきていることが感じられます。
ほどなくして次の鎖場が現れますが、こちらも難しくはありません。
さらに短い鎖場を通過。



そして、ルート上いちばん長い鎖場の登場です。
こちらも、手足を置くところはしっかりありますので、確認しながら登れば問題ありませんが、濡れているときはより注意が必要ですね。



この頃にはすっかり晴れ渡り、最後の鎖場を越えると視界が一気に開けます。
素晴らしい景色!!!



しばし景色を楽しみ、山頂を目指します。
この辺りは霜が融け、かなりぬかるんだ状態になっていました。
山頂も確認できるようになりあと少し!
背丈以上あるハイマツ帯を抜けると山頂です。





この日は本当に条件が良く、富士山や遠くには北アルプスの槍・穂高、白馬岳も見ることができました!


巻機山方面


前武尊へ続く稜線


風もなく山頂でコーヒーを飲みながらのんびりと景色を堪能し、剣ヶ峰へ向かいます。
剣ヶ峰への稜線。奥のひときわ尖っているのが剣ヶ峰です。



剣ヶ峰へは、一旦下り登り返します。
この下りがガレていて要注意。
滑りやすく、落石も起きやすくなっています。
360度に広がるこの景色に見とれすぎていたからかもしれません(笑)
そして、振り返って武尊山。



下りも終盤、武尊山と剣ヶ峰の中間あたりまで来ると、鋭利な剣ヶ峰がかっこいい!!

尖っている山といえば、槍ヶ岳が代表的で憧れる方も多いと思います。
なんでか、尖っている山ってかっこよく見えて登ってみたくなりますね!


先に進みます。
荒々しい岩肌が現れてきました。
ですが、登山道はとても優しく穏やかです。
今年は葉の色づきがイマイチのようですね。
渋いです・・・



そして、分岐に到着したら剣ヶ峰は目前!
岩のゴロゴロした道を登り、標高2,083m剣ヶ峰山です!



剣ヶ峰からの景色も最高!
谷川岳方面です。



剣ヶ峰は狭いので、少し休憩して下山にかかります。
一旦分岐まで戻るのですが、いきなりの急斜面。
分岐から左に進路を取り、武尊神社を目指します。
が、ここからしばらく続く急な下りが根っこが多く、さらにぬかるんでいて物凄く滑る!!!
慎重にならざるを得なく、ペースは上がりませんが、時間はあるのでのんびり行きます。
色づきは良くなくとも、青空とのコントラストがきれいで癒されます。



そこを乗り越えてしまえば残りは普通の登山道。
渡渉や丸太橋を越え、木漏れ日の中を気持ちよく歩いて無事下山です。



武尊山は今回初めて登りましたが、標高こそさほど高くないものの、稜線からの景色は素晴らしく非常に楽しませてもらいました。

雪の時期にもう一度登ってみるのも楽しそうです。

登られたことのない方は、ぜひ登ってみてください!



ミレーストア東京 井川